チキンのカルペディエム

統合失調症です。今は家で暮らしていて、好きな絵などを描いたりしてゆっくり暮らしています。

目玉焼き、難しそう

いつか誰かが 吐き捨てた言葉も♪
アツミサオリさんが歌ってる。がままたちはこの歌が好きだ。

面白いことがあった。あるがが喋っていたのだが、がままの反応が悪い。「ブログか?」一言あるがが訊いた。「そう、」と答えたが、なんかこれ面白い拍子だった。あるがはがままのことを良く知っている。

今日は午後小沢健二さんのSONGSをビデオで観てた。朗読のヤツだ。あるが曰く、朗読の仕方はわざとかなぁ?俺の方が読むの上手いような気がする。と。確かにあるがは何人もの人が喋っているかのように話す。

もうひとつ、面白いこと。がままがおならをしたら、「え?」とあるが。「え?」と聞こえたらしい。おならの音が。「え?おならだけど。」がままが答えると「あ、そうか!」と納得。なんか面白い。

話の続きだが小沢健二さんはギター、歌のリズム感がとてもいい。家族や友人たちと…と話ながらギターを弾いたりもする。そして歌の中にも理論があって、その理論を頭から絞り出して歌に繋げてるのをリアルタイムでやってる気がする。複雑なコードを弾きながら。

がままたちは言っていることが難しいことを評価していたり、スーパーヒーローに変身すると言って、手のフリをインテリの考えてることが分かったと言ったり、楽しく見ていた。

SONGSもなん十分かで終わり、またいつもの日々が来たのだけれど。今は割かし平和に暮らしてる。あるがはプログラムを、がままはブログを。

今日の夜ご飯は海苔と卵焼きと味噌汁とご飯だったなぁ。豆腐切ってレンジでチンしたのをインスタントの味噌汁に入れてね。身内のを真似したのです。
目玉焼きは裏返すのが難しそう。いつもあるがのやってるのを見て思う。がままにはできないだろう。

ご飯中あるがが、がままたちの姪のことを心配してた。「重(おも)。」と言った事が(あるがが姪に)根に持っているのではと。がままの姪だからである。でも「引っ張って。」とか、「ここにDS入ってんの?」とあるがに言う姪に、リスペクト意外の何者でもないことがわかってるとがままは言った。これには、心細かったあるがも、心を開いたのだった。

がままがブログを続けれるのって、読者になっていないからだと思ってる。がままには読者がいなく、プレッシャーも少ない。今までだったら何人もいてプレッシャーを感じてた。
それがないからいいのだろうね。弱いからね。

今日、比較的ブログが長目なのは今はケータイと戯れてるとはいえPCに向かってるあるががいるととても落ち着くからである。(多分)好きなことをやっているあるがを見ていると、ホッとする。そりゃ大変なのだろうけど。(プログラムって頭が疲れるよね!)

ギターやピアノに対してあるがはパソコンのキーボードだけど、ホントはどちらも良さがあると考えてるんだ。がままはそれを聞いて癒される。

瞬きが多くなってきた。最近夜の歯磨きは目が開かない。ほぼ瞑ってる。1日に耐えられていないんだな。怖い、1日の長さって。

そういや鳥が道路を渡るところの動画をTwitterで見たなぁ。なんとも優雅でしたよ。車が待っているというね。