チキンのカルペディエム

統合失調症です。今は家で暮らしていて、好きな絵などを描いたりしてゆっくり暮らしています。

手紙。いろんな色の絵。尊い。

f:id:siitucun5:20180905141550j:plain
胸が痛くなった。絵のサイズを変えていたのだけれど。なんというか、この絵もブログに出ていくんだなぁと。

新しいことがしたいとがままが言っている。自分でもわかること。でも半分、辛いから休ませて、と言ってるがままもいる。気持ちは一色にはならなくて良く自分でもわからない。思路障害ということなんだろうけど、がままのAC的なもので、そういう機能がぶっ壊れちまったという説もある。圧力かけられて言えなくなっちゃったみたいな。

自分がこれがしたいとか分かるのに難しい。あるがはすぐに分かるという。そこが統合失調症ADHDの違いか。

この頃人の悪口ばかり言っていた。がまま自信も気持ちとして悪いしあるがも聞いていて嬉しくない。あるがは何とかしていい方に持っていってくれたが。

そしてついにご報告を受けた。「そんなに人が許せないかい?」と。嫌な気持ちになったらあるがなら排除したくなるね。と。がままとあるがとでは全然違うと。これではあるがが苦しいと言う。がままは嫌な気持ちになったら排除する方向へと、そして薬を飲むことにした。(リスパダールです。)

二人にとって辛いのは嫌だ。だから排除の行動をとろうと思った。
実際軽やかな気持ちになった。でもどうして?いつもと違う。という迷いの気持ちも存在した。でもそれをしていくしかなくて。

慣れるまで時間がかかるだろうね。まあ、ゆっくりとだな。◯年前に言われた、「焦ってもしょうがないし。」だね!

アツミサオリさんの動画を見た。わくわくストリートライブ?だったかな?もう少し…もう少し…は勿論、みんな良かったなぁ。特にプリキュアの曲は感動しました。終わったあとがままが口ずさんでいました。おぼろげですが。

そういやアツミサオリさんとは握手をしたことがあって。がままが「油手(あぶらて)ですみませんが…。」と、訳のわからない言葉を発したのに(がまま的には油汗の汚れた手という意味だった。)アツミサオリさんは「いいえ。私もですが。笑」と、すんなり返してくれたんです。がままの言葉の意味が分かったんだ!と。あるがと「さすが曲を作ってるだけあるなぁ!」とか帰り道話していたのです。ビックリでした。

そんな彼女の歌をケータイから聴くのは嬉しいです。取り敢えず今は、「もう少し…もう少し…」と「かさぶた」と「君のために手紙を書いた」と「宝箱」、「一番星ひとつだけ」ががままの17番?!になってます。他にも歌えるけどね。ギターで練習してるのですが、まだまだですね。アツミサオリさんの目にとまっていたら幸いです。(手紙のようになってしまった!)

がままの絵を誉める人はもう親ではない。あるがの先生に言われました。少し、スッキリしたような?!親子丼は今やげっぷと化してしまった。喉を過ぎるとあっという間だなぁ。

絵をまた張り付けておきます。台風過ぎ去りましたね。良かった?です。