チキンのカルペディエム

統合失調症です。今は家で暮らしていて、好きな絵などを描いたりしてゆっくり暮らしています。

怒りのブログ、親へはカードを送らない。

f:id:siitucun5:20180928131518j:plain
お互いの親への誕生日ガードは描かないことにしました。毎年、出して後悔しているのです。いい加減懲りた。がままは必要とされなければ意味がない。と思いがちです。親からそういう風に育てられたから。だから今回も役に立たなくては、と思ったんでしょうね。

あるがから説得されました。誰も要求してないから。がままが何もしなくたって、親族は怒りゃあしないよ。と。今では親も何も言わなくなりました。

でもがままは許すつもりはありません。そこまで敵意を持ってる相手にカードを出そうとしてるんだから面白い。

その都度選択をしていかなくては。これが正しいなんてあり得ない。その時その時で変わるんだよと。見て見て!ってのは分かるけど、もっとがままを大切にしようぜ?的な。

昼ごはんのしょうが焼きが美味しかった。砂糖を入れないところがまた。あるがの強い意思を感じた。そして今、お皿を片付けてくれている。ありがたや。

テレビ(ケータイ)は締まってしまった。「一族で、テレビ見て具合悪くなって、薬飲むのがままくらいだよ?」と言われて。

なんかザナドゥみたい。薬を使えば副作用が、体力が上がるとダメージが。あまり飲み過ぎると効かなくなり…。(ゲーム)がままは何をしたらいいんだろう?そりゃ何かをしろ!って言われたら百歩譲ってするよ、無理にでも。でももう、無理しなくていい環境にあるんだよ。横になって休んでも良し。絵を描いても良し。ケータイを見たっていいんだよ。でもがままでは決められない。親がこんながままに育てたから。自分で決められない。苦しい。

こうしてブログに書いて慰めるしかないのです。腰も痛いしね。座ってるのはダメかも。かといって脚が落ち着かないし。(アカシジアの類いで。)

がままとあるがは、いつも悩んでいる。この世界の汚さに。たまにいい人が現れるけど。ほんの少し。テレビはだから締まった。

あ、マンガ載せておきます。第3話です。今日は第2話も更新しました。見てもらいたい、という裏に脅迫みたいなのがあるかないかちゃんと確かめます。反応が悪くても仕方がないね、みたいなね。コメント欄閉じて、好きなものを載せているので、がままとしてはまあいいです。

人から誉めてもらおうなんて、ズルいですね。自分で情けないと思います。
第3話の説明はここの病院は何日かに一辺しかお風呂に入れない、ということです。この時はまだ、入院前の概念があったのですけどね、徐々に崩れていきます。貼り付けておきますね。