チキンのカルペディエム

統合失調症です。今は家で暮らしていて、好きな絵などを描いたりしてゆっくり暮らしています。

寂しさに気付いて。

f:id:siitucun5:20181012171349j:plain
ねえ、お父さんお母さん。なんでがままのことを誉めてくれないの?がままは誉めて欲しいよ。

なんでがままのことを否定してばかりいるの?がままは悲しいよ。悲しみで今日も絵を描いたよ。誉めてもらえないのは悲しいよ。

お母さんはお父さんから誉めてもらってなかったね。だからがままにも誉めてくれないの?お母さん。お母さん。言いたいことが山ほどあるよ。

もう、がままを助ける人はお父さんやお母さんじゃないから。がままはいい人と会えたよ。だからお父さんお母さん、さようなら。がままを誉めないで、さようなら。


と、がままは今も寂しさに震えながら生きている。親が全てと言っていい。そう仕向けたのは親だ。そう教育したのだ。それはわかってる。だから100%委ねない。嫌いになることはきっとない。そう教育したからね、親が。それはあまり変えられないけど。

できないゲームが入ったケータイ。昔の思い出。これでお父さんやお母さんを撮ったね。メールもしたね。みんながままの思い出だよ。でもね、疑問がある。どうしてそのときだけいい顔してたの?

いい顔してたのは一瞬。優しさは見せてくれないんだ。がままは親に服従になっている。あるがが助けなくてはいけない。助けを求めるならあるがだよ。

がままはあるがを見る。助けてくれる、あるがを。ケータイを見てくれる。古いケータイ。あるががいるから寂しくないよ。

毒親から撤退!!

今も沢山の毒親がいるんだな。親に依存して大変だろう。がままもあるがに言われるまで毒親って気付かなかったよ。離れた方がいい。がままはそう思う。

何か大きなことをしたくてしょうがない。でもそれは親の代わりを探してるだけ。がままは親に振り回されてる。今も。親からはなかなか離れられない。

でも、近くにいることは間逃れたから。

生きてるだけで大変。親のしたことって、大きいね。素敵な人が見つかりますように!

マンガ、貼り付けておきますね。